記事一覧

飛鳥浄御原宮(奈良県明日香村)

 飛鳥時代(7世紀後)に天武天皇が築いた飛鳥浄御原宮(きよみはらのみや)(奈良県明日香村)で使われた須恵器は、尾張地方(現在の愛知県西部など)産の割合が多いことがわかった。
 壬申の乱で尾張地方の豪族が大海人皇子(天武天皇)を支援していたことと関係があるという。[毎日新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村