記事一覧

テオティワカン(メキシコ)

 古代都市遺跡テオティワカン近くで、1600年前の上流階級とみられる女性の全身骨格が発見された。
 死亡時の推定年齢は35~40歳とみられ、頭蓋骨には意図的な変形の痕跡があり、歯は鉱石(黄鉄鉱蛇紋石)で飾られていたという。[AFP]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村