記事一覧

舟木遺跡(兵庫県淡路市)

 弥生時代後期(1世紀中頃~2世紀末)の集落跡とされる舟木遺跡で、後漢代に作られた青銅製の中国鏡の破片が発見された。
 鏡は権威の象徴とされ、淡路島北部の山間部に大きな集団をまとめるリーダーが存在していた可能性があり、淡路市立北淡歴史民俗資料館で公開しているという。[毎日新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村