記事一覧

朝香神社(茨城県高萩市)

 上手綱の朝香神社で、室町時代中期に記された棟札が発見された。
 棟札には「鎌倉新御堂殿、里見源基宗、寺岡平義之」と記されており、滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』のモデルとなった房総・里見氏のルーツの一つが高萩だと裏付ける証拠とともに、上杉禅秀の乱(1416~1417)の反乱軍(足利満隆・上杉禅秀)側の史料として重要な史料になるという。[茨城新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村