記事一覧

藤田東作の従軍記を発見(群馬県桐生市)

 戦中の日本陸軍軍属藤田東作の従軍記『子孫の為のこす 大東亜戦争軍属記録』が遺族宅で発見された。
 藤田は小学校の教諭だったが、昭和十八年(1943)に志願して出征、陸軍属として昭南市(現シンガポール)の馬来(マレー)軍政監部に所属し、水産試験場や船員養成所などに勤めたが、敗戦後は昭和二十一年(1946)に復員するまで、捕虜としてレンパン島に抑留されていたという。[桐生タイムス]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村