記事一覧

模擬原爆の一つの着弾地点を特定(三重県四日市市)

 戦中の米軍が広島・長崎に原爆を投下する前後に「訓練」として投下した49発のうち一つの着弾地点が特定された。
 昭和二十年(1945)七月二十四日に2人が犠牲になったもので、四日市市泊村のため池「安政池」の土手に着弾していたという。[朝日新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村