記事一覧

戦中の不発弾を発見(浜松市中区)

 南伊場町で戦中米軍が飛ばしたとみられる不発弾が発見された。
 長さ約153cm・直径約41cm、16インチ艦砲弾とみられ、信管付きだが爆発の危険はないという。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村