記事一覧

益習館庭園(兵庫県洲本市)

 県指定文化財(名勝)「旧益習館庭園」が、大正時代以降に2回以上改修され、約60cm盛りり土されていることがわかった。
 同庭園は江戸時代徳島藩筆頭家老の稲田氏が別荘として作り、幕末に学問所「益習館」として利用されたたが、明治三年(1870)の庚午事変で建物は焼失していたという。[産経新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村