記事一覧

明治時代の腕用ポンプを発見(宮城県川崎町)

 明治~昭和時代に全国の消防団が使った手動式の腕用ポンプ笹谷地区で発見された。
 同地区では明治四十四年(1911)に導入されたもので、台車に載せて火災現場まで運び、取っ手の付いた棒をシーソーのように上下させて水を出す仕組みだという。[河北新報]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村