記事一覧

藤原宮(奈良県橿原市)

 日本初の本格的な都・藤原宮跡で、元日朝賀の儀式で飾る幢幡(旗)を立てた柱穴7か所が発見された。
 飛鳥~奈良時代の正史『続日本紀』の「大宝元年(701)の律令国家完成を祝う儀式で7本の幢幡が立てられた」との記述と一致するもので、10月2日午前11時から現地説明会があるという。[産経新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村