記事一覧

唐堀遺跡 (群馬県東吾妻町)

 三島にある唐堀(からほり)遺跡で、祭祀(さいし)に関連する配石遺構が広がる斜面部から、北東北で制作されたとみられる縄文時代晩期前半(約3000年前)の「遮光器土偶」が県内で初めて発見された。
 遮光器土偶サングラスをかけたような顔をしているのが特徴で、4日まで、群馬県埋蔵文化財調査センター発掘情報館(渋川市)で公開しているという。[上毛新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村