記事一覧

伏見城=指月城(京都市伏見区)

 豊臣秀吉が晩年に築いた伏見城(指月城)跡で、新たに石垣の一部が発見された。
 同城が慶長伏見地震(1596年)で倒壊した後に近くの木幡山に移築する際、初代唐津藩主・寺沢広高か、相国寺僧・西笑承兌(さいしょうじょうたい)の屋敷を建てるために造成した跡や、豊臣家の家紋である「桐紋」の軒丸瓦など多数の金箔(きんぱく)瓦片なども出土したという。[産経新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村