記事一覧

片桐且元→准如の書状を発見(京都市下京区)

 大坂冬の陣で徳川方になった武将・片桐且元が、和議前日の慶長十九年(1614)十二月十八日付で西本願寺第12代宗主・准如に宛てた書状が発見された。
 和議が近いことを示す内容で、13~21日に龍谷大大宮学舎の本館1階で展示されるという。[共同通信日本経済新聞]





※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村