記事一覧

ゴビ砂漠(モンゴル)

 南ゴビ県シャルツァフ白亜紀後期(約7000万年~9000万年前)で長さ1mを超える世界最大級の恐竜足跡化石が発見された。
 大型植物食恐竜「竜脚類」の一種、ティタノサウルス類の左後ろ足の可能性が高く、体高約5m、全長は最大三十数メートルと推定されるという。[山陽新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村