記事一覧

藤原為元邸(京都市中京区)

 平安時代後期に編集された説話集『今昔物語』で泥棒に入られたことが記述されている貴族・藤原為元邸跡で、酒宴に使われた酒器の小皿数千枚などが発見された。
 当時の酒宴は一呑むごとにを捨てていたため、為元から三代百年でこれほどの量になったとみられるという。[産経新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村