記事一覧

大垣空襲の新事実が判明(岐阜県大垣市)

 戦中の昭和二十年(1945)七月二十八~二十九日の大垣空襲で比較的市民の犠牲者が少なかったのは、当局が退避を勧めていたのも一因だったことがわかった。
 戦意喪失を防ぐ目的で作られた「防空法」には空襲時の退避を禁じているが、七月九日の岐阜空襲の被害を見て当局が方針を変更したという。[中日新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村