記事一覧

浦和宿(さいたま市浦和区)

 江戸時代頃に中山道・浦和宿で「蒲焼き」を販売する店舗が存在していたことを示す史料が発見された。
 見つかったのは三室村(浦和市緑区)の名主・武笠家が浦和宿の「三文じや」という店から蒲焼き32本を購入した領収書で、12月4日までさいたま市立浦和博物館で公開されているという。[テレ玉・Yahoo!ニュース]

土用味
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村