記事一覧

今城塚古墳(大阪府高槻市)

 真の継体天皇陵とされる今城塚古墳の近くで石橋に使われていた石材が、同古墳の石棺の一部だった可能性があることがわかった。
 石棺材は幅66cm・厚さ25cm・重さ250kg、ピンク色の凝灰岩で、阿蘇溶結凝灰岩馬門石と呼ばれ、古墳時代に石棺材として用いられていたことが知られ、のみの跡や表面に塗られた朱も残っていたという。[産経新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村