記事一覧

野越堤(福岡県小郡市)

 干潟の県道53号(旧薩摩街道)で、同街道と一体になった江戸時代治水施設「野越堤(のごしてい)」が初めて発見された。
 同堤は川の堤防などの一部を低くし、そこに氾濫した水を集約して被害範囲を抑える機能があるもので、佐賀平野の城原(じょうばる)川周辺などにも残っているという。[毎日新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村