記事一覧

戦中の焼夷弾を発見(静岡市葵区)

 井宮町の賤機山で、戦中に米軍が使用していたM69型焼夷(しょうい)弾が発見された。
 一般的に38発が1セットになったE46型集束焼夷弾の子弾とみられ、昭和二十年(1945)六月二十日の静岡空襲などで広く利用されたものだという。[静岡新聞]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村