記事一覧

蘆花浅水荘・膳所城(滋賀県大津市)

 日本画家・山元春挙が大正時代に建てた別荘庭園・蘆花浅水荘(ろっかせんすいそう。記恩寺)にある鯱(しゃちほこ)が、膳所城のものだった可能性が高いことがわかった。 同城は明治三年(1870)に解体され、鯱瓦は市内の神社や瀬田小も所蔵しているという。[京都新聞]...

続きを読む

美濃山遺跡(京都府八幡市)

 美濃山遺跡で弥生時代後期~奈良時代の竪穴建物や掘立柱建物跡などが発見された。[産経新聞] 本日午前11時から現地説明会があるという。※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

小樋尻遺跡(京都府城陽市)

 小樋尻遺跡で市内で初めて縄文時代晩期(2300~3000年前)の集落跡が発見された。 本日午後1時から現地説明会があるという。[京都新聞・産経新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

今川貞世の文書を発見

 室町幕府二代将軍・足利義詮(あしかがよしあきら)が侍所頭人・今川貞世(了俊。りょうしゅん)に記させた文書が発見された。 この古文書に関連する別の文書が世界記憶遺産『東寺百合文書』にあり、国宝に指定されているという。[東京新聞]...

続きを読む

平安京(京都市下京区)

 平安京の東洞院大路跡で室後時代(14世紀後半)に酒の麹(こうじ)づくりに使われたとみられる壊れた甕(かめ)が発見された。 麹は当時、北野社(北野天満宮)の神人(じにん。神職)でつくる組織が室町幕府の権威を背景に独占的に製造・販売しており、無断で麹を製造していた現場を神人らが破壊したとみられるという。[産経新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村