記事一覧

大谷砂留(広島県福山市)

 土砂災害を防ぐため、江戸時代に築造された石積みの砂防ダム「砂留(すなどめ)」が芦田町上有地と下有地で7基発見された。 同市北部一帯は近世に土石流が頻発したため、福山藩は多数の砂留を築いたという。[山陽新聞]...

続きを読む

1400年前の古墳を発見(広島市安佐南区)

 緑井で砂防ダム建設工事中に約1400年前の古墳が発見された。 周辺では複数の古墳が確認されているという。[産経新聞]...

続きを読む

浄圓寺(広島市中区)

 原爆資料館北側、浄圓寺の墓地があった所で、江戸時代のものとみられる土葬墓跡が発見された。 遺体を納めた木製の「座棺」を埋めた跡とみられるという。[ヒロシマ平和メディアセンター]...

続きを読む

妙宣寺(広島県福山市)

 日蓮宗寺院・妙宣寺で、加藤清正軍が用いたものと同じ様式の旗や、清正の業績を記した布など約10件が発見された。 清正を神格化した「清正公(せいしょこ)信仰」が盛んになる18世紀以降に多くみられる表現が含まれていることなど不明な点もあるという。[読売新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

御領遺跡(広島県福山市)

 御領遺跡で発見された国内最古の屋形船が描かれた弥生時代の土器片が、現在の愛媛県で作られていたことがわかった。 同時代に瀬戸内海を挟んだ広島・愛媛両地域で交流があったことを示す遺物だという。[中日新聞・毎日新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村