記事一覧

島内139号地下式横穴墓(宮崎県えびの市)

 島内139号地下式横穴墓で発見された古墳時代(6世紀前半)の鍛冶具(かじぐ)2点に銀製の波状文様の象眼(ぞうがん)が装飾されていることがわかった。 被葬者はヤマト政権や朝鮮半島と関わった金属器生産の統括者とみられるという。[産経新聞・西日本新聞]...

続きを読む

高松海岸(宮崎県串間市)

 高松海岸で発見された化石が約2800万年前の鯨類のものだったことがわかった。 宮崎県総合博物館(宮崎市)で13日まで公開しているという。[毎日新聞]...

続きを読む

西南戦争の史料を発見(宮崎県延岡市)

 1877年の西南戦争に従軍した薩摩軍兵士・深江権太郎の体験談を子孫がまとめた史料を書き写した資料「南洲翁(なんしゅうおう)の足軽籠(かつぎ)飯炊き西南ノ役従軍深江権太郎記」が発見された。 資料では、「可愛(えの)山陵の神様が薩軍を御救い下ださった所が多々有りました事は過言では無い」(原文ママ)と記し、西郷隆盛の側近・桐野利秋が天孫降臨伝説を事前に調べ、ニニギノミコトが死去したとされる可愛岳やその御陵墓近くに...

続きを読む

日向国府(宮崎県西都市)

 日向国府跡(国史跡)で発見された奈良時代(8世紀前半)の「官衙(かんが)」跡南側から、正門跡が発見された。 格式の高い八脚門や四脚門で、推定幅3.3~8.1m、13日午前10時半と午後1時半に現地説明会があるという。[読売新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村