記事一覧

浦上第一病院→聖フランシスコ病院(長崎県長崎市)

 長崎原爆の爆心地から約1.4kmにあり、投下直後に負傷者の治療拠点となった「浦上第一病院」の遺構とみられる赤レンガが後身の聖フランシスコ病院の敷地で発見された。 同病院は被爆後の写真などしか資料が残っていないという。[NHK・毎日新聞]...

続きを読む

浦田遺跡(長崎県南島原市)

 南有馬町の浦田遺跡で弥生時代後期のドングリ約60個と貯蔵穴が発見された。 同市北有馬町と平戸市に続き県内3例目の発見で、ドングリ採集が、漁労や稲作以外の当時の重要な生業だったとわかる貴重な遺構で、30日まで深江埋蔵文化財・噴火災害資料館で出土品の速報展があるという。[長崎新聞]...

続きを読む

日本軍の潜水艦群を発見(長崎県)

 終戦後の1946年4月に米軍が五島列島沖で沈めた旧日本軍の潜水艦群が水深約200mの海底から発見された。 当時世界最大だった「伊402」や、広島と長崎に落とされた原子爆弾の部品を運んだ米重巡洋艦を撃沈した「伊58」など24隻を特定したという。[共同通信・時事通信・日本経済新聞・朝日新聞]...

続きを読む

千々石ミゲル墓所?(長崎県諫早市)

 天正遣欧少年使節の一人・千々石ミゲルの墓とみられる石碑がある場所で、木棺を使って土葬した形跡や、人間の歯とロザリオの一部とみられる玉が発見された。 ミゲルが実際に埋葬された可能性が高まったという。[長崎新聞・読売新聞]...

続きを読む

福田須磨子の作品を発見(長崎県長崎市)

 原爆の不条理を訴えた長崎を代表する被爆詩人・福田須磨子が52歳で亡くなる前年に書いた直筆の詩が発見された。 詩は「鏡」をテーマとし、その内容からは原爆による病で容姿が「醜悪」に変貌する自分を客観視する様子がうかがえ、遺作とみられるという。[長崎新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村