記事一覧

岐阜城≧織田信長居館(岐阜県岐阜市)

 金華山山麓にあった織田信長の居館跡のうち、迎賓館の機能を持つ建物の入り口付近に巨石が置かれた跡が発見された。 権威を見せるための演出とみられ、4日午前10時から現地説明会があるという。[読売新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

鵜沼古市場遺跡(岐阜県各務原市)

 鵜沼古市場遺跡で弥生時代の土器や集落跡をはじめ、奈良、平安、室町、戦国各時代の住居跡が発見された。 古代から2000年以上にわたって人が住み続けていたことを裏付けるもので、この地域が県内屈指の住環境の良い土地だったと考えられるという。[毎日新聞]...

続きを読む

大垣空襲の新事実が判明(岐阜県大垣市)

 戦中の昭和二十年(1945)七月二十八~二十九日の大垣空襲で比較的市民の犠牲者が少なかったのは、当局が退避を勧めていたのも一因だったことがわかった。 戦意喪失を防ぐ目的で作られた「防空法」には空襲時の退避を禁じているが、七月九日の岐阜空襲の被害を見て当局が方針を変更したという。[中日新聞]...

続きを読む

御望A遺跡(岐阜県岐阜市)

 御望(ごも)A遺跡で縄文時代ほか古代の竪穴建物跡16棟が発見された。 かまど跡や縄文土器、須恵器、緑釉(りょくゆう)陶器、けつ状耳飾りなども出土したという。[岐阜市]...

続きを読む

岐阜経済大(岐阜県大垣市)

 イビデンの前身で、1912年に立川勇次郎が創業した揖斐川電力の創業当時の株主総会の資料が、岐阜経済大図書館で発見された。 見つかったのは立川ら株主の名前を列記した第1回営業報告書など創業当初の株主総会の冊子、揖斐川電力の定款のほか、ダムに沈んだ西横山発電所の鮮明な写真原本が添付された1936年の冊子など計9点で、同図書館で9日まで展示しているという。[岐阜新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村