記事一覧

戊辰戦争の史料を発見(福島県会津若松市)

 戊辰戦争で会津藩が降伏した直後の明治元年(1868)十月、戦死した藩士らが埋葬されていたとする史料「戦死屍取仕末金銭入用帳」の写しが市内で発見された。 従来は新政府軍が遺体の埋葬を許さなかったため、翌年二月に阿弥陀寺に改葬が始まるまで野ざらし状態だったと言い伝えられてきたという。[福島民報]...

続きを読む

灰塚山古墳(福島県喜多方市)

 慶徳町にある古墳時代中期(5世紀)に築造された大型の前方後円墳「灰塚山古墳」の箱式石棺の石室内から、埋葬された男性のほぼ全身の人骨が発見された。 同古墳は会津を治めた豪族の墓とみられ、東北では類を見ないほど大量の大刀(たち)や矢尻などの鉄製品が出土していたという。[福島民友新聞]...

続きを読む

キルトスピリファーアイノサウェンシス(福島県南相馬市)

 鹿島区上栃窪で古生代デボン紀後期(約3億8270万~3億5890万年前)に生息していた「腕足(わんそく)類」の新種化石が発見された。 発見された地層にちなんで「キルトスピリファー・アイノサウェンシス」と名づけられたという。[毎日新聞]...

続きを読む

磐城飛行場(福島県双葉町・大熊町)

 東電福島第一原発構内近くで戦中の空襲によるものとみられる不発弾が発見された。 長さ85cm、直径15cm、同地には太平洋戦争中に特攻隊の磐城飛行場があったという。[NHK]...

続きを読む

南沢又城(福島県福島市)

 伊達氏家臣・湯沢善兵衛の居所とも伝えられる中世の城館跡「南沢又城跡」で、堀跡やかめや鉢の破片など鎌倉~戦国時代の遺物が発見された。 古墳時代の竪穴住居跡や平安時代の住居跡なども見つかったという。[福島民友新聞]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村