記事一覧

菊池寛の原稿を発見

 雑誌『文芸春秋』を創刊し、芥川・直木賞を設けるなど「文壇の大御所」と呼ばれた作家・菊池寛が、女性の悩みに東京日日新聞(現毎日新聞)紙上で答えた際の原稿が発見された。 夫への不満をぶちまける相談者をなだめ、「新聞を読んでいれば何とかなる」と、締めくくった内容で、菊池寛記念館(香川県高松市)ののコレクション展「寛先生に聞いてみよう!」で3月24日まで展示しているという。[毎日新聞]※新発見以外の歴史ニュース...

続きを読む

神戸大(神戸市灘区)

 出光興産創業者・出光佐三(いでみつさぞう)が、戦後、母校神戸大学(旧官立神戸高等商業学校)の花戸龍蔵学長に送った電報の現物が同大で発見された。 同大の接収を阻止するためGHQに掛け合ったとみられ、昭和二十一年(1946)五月二十五日には、「種々手を尽くしつつあり 至急上京せられたし 出光」と打っているという。[神戸新聞]...

続きを読む

伊良子清白の資料を発見(鳥取県鳥取市)

 戦前の詩人・伊良子清白の所在不明だった年代の日記や、文学活動の痕跡がうかがえる創作ノートなどが発見された。 生誕140年を記念した鳥取県立図書館(鳥取市)での特別資料展「漂泊の詩人が書き留めた日記~伊良子清白をめぐる」で、27日まで展示しているという。[日本海新聞・毎日新聞]...

続きを読む

津山事件の資料を発見(静岡県磐田市)

 日本の犯罪史上最大の大量殺人とされる昭和十三年(1938)に岡山県で起きた「津山事件」の資料が、磐田市内に住む岡山県警警察官遺族宅で発見された。 見つかったのは事件を詳しく記録・分析した冊子と、現場や凶器などを撮影した写真が26枚で、警察が後進の教育用に作成し、刑事らに配布したものとみられるという。[中日新聞]...

続きを読む

芝古墳(京都市西京区)

 古墳時代後期の前方後円墳で乙訓地域の首長墓群の一つ「芝古墳」で新たな発掘成果があった。 25日午前10時から現地説明会があるという。[京都市]...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村