FC2ブログ

記事一覧

吉田松陰の資料を発見

 幕末の思想家・吉田松陰が門下生の日記を添削し、個別指導をしていたことを示す資料が発見された。 長州藩士・玉木彦介が1855年5月~11月に書いた日記3冊の中に書いてあったという。[朝日新聞]...

続きを読む

中津居館(山口県岩国市)

 中世豪族の屋敷跡とみられる楠町の中津居館跡で、発見済みの石垣遺構とは別方向に延伸する石垣が新たに発見された。 石組みの構造や様相から木造船の船着き場の可能性が高いという。[山口新聞]...

続きを読む

桜圃寺内文庫(山口県山口市) 

 陸軍元帥で首相も務めた寺内正毅の収集資料を所蔵していた「旧桜圃(おうほ)寺内文庫」近くで、皇太子時代の昭和天皇ゆかりの松を植えた記念碑とみられる石柱2本が発見された。 文庫は正毅の長男の寺内寿一が1922に建てたという。[毎日新聞]...

続きを読む

雪舟の作品を発見

 室町時代の水墨画家・雪舟が若い頃に描いた人物水墨画「騎獅文殊・黄初平・張果老図」が発見された。 文殊菩薩と仙人の張果老と黄初平を描いたもので、「拙宗」と名乗っていた頃のものだという。[毎日新聞]...

続きを読む

土井ケ浜遺跡(山口県下関市)

 土井ケ浜遺跡で弥生時代の女性人骨とともに発見された鵜(う)とみられる骨が、フクロウの仲間の骨だったことがわかった。 弥生時代、鳥は信仰の対象だったため、女性を霊的な力を持つシャーマン(巫女)とみる説が提唱され、「鵜を抱く女」として文学や音楽の題材にもなってきたが、そのイメージが変わりそうだという。[朝日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村