FC2ブログ

記事一覧

萩原恭次郎の原稿を発見

 詩人・萩原恭次郎が書籍販売の老舗・煥乎堂(群馬県前橋市)に勤めていた際、企画課長として昭和十二年(1937)に発行した社内報の3周年記念号『内報三周年記念号』が発見された。 社長の高橋清七が巻頭で社内報の1号から編集してきた恭次郎をねぎらっており、恭次郎自身は本名の金井姓で3編を寄せているという。[上毛新聞]...

続きを読む

高崎高(群馬県高崎市)

 八千代町にある高崎高で1957年の校歌制定時に作曲家・芥川也寸志(龍之介の三男)が直筆したとみられる楽譜や、作詞家・草野心平の直筆とみられる原稿用紙に書かれた歌詞などの資料が発見された。 表紙に「創立60周年記念事業 新校歌制定資料」とある資料に原稿用紙が入っていたという。[上毛新聞・ヤフーニュース]...

続きを読む

西郷隆盛→肝付郷右衛門の書簡を発見

 上野の寛永寺を本拠とする彰義隊に新政府軍が勝利した慶応四年(1868)五月の上野戦争の前日に、新政府軍側の薩摩藩兵を指揮した西郷隆盛が、藩兵の隊長とみられる「肝付郷右衛門」に出した書簡が発見された。 前線に向かう将兵への細やかな配慮と、上野戦争前日の多忙で緊迫した雰囲気が伝わってくるという。[共同通信・日刊スポーツ]...

続きを読む

東郷平八郎の訓令を織った掛け軸を発見(群馬県伊勢崎市)

 日露戦争時の連合艦隊司令長官・東郷平八郎の訓令を昭和時代初期に織った伊勢崎銘仙の掛け軸『東郷元帥訓令語織物軸』が市内で発見された。 大きさは121×37cm、日本海海戦(1905年)に臨む海軍の士気を高めるため、東郷が掲げた「皇國興廃在此一戦 各員一層奮勵努力」の文言が黒地に白の文字で織られているという。[上毛新聞]...

続きを読む

明治時代の石垣を発見(群馬県榛東村)

 明治時代初期の榛名山麓に砂防のために築かれた石垣が広馬場の榛名白川源流部で発見された。 砂防のための堰堤は二十数基確認されているが、石垣に関する調査研究はほとんど行われていないという。[上毛新聞]...

続きを読む

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村