FC2ブログ

記事一覧

梅田雲浜→吉田東篁の書簡を発見

 安政の大獄で獄死した幕末の若狭小浜藩士・梅田雲浜(うんぴん)が、越前福井藩の儒学者・吉田東篁(とうこう)に宛てた書簡が新たに発見された。 安政元年(1854)八月七日付で、福井藩を訪れた際に藩士らから受けたもてなしへの感謝を記した礼状だという。[中日新聞]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

フクイプテリクスプリマ(福井県勝山市)

 市内で発見された中生代白亜紀前期(約1億2000万年前)の鳥の全身骨格化石が新種だったことがわかった。 ドイツで見つかったジュラ紀後期(約1億5000万年前)の「始祖鳥」よりは新しいが国内最古の化石で、「フクイプテリクス・プリマ」と名付けられたという。[コミュニケーションズバイオロジー・毎日新聞]...

続きを読む

明治時代の橋本左内の活字本を発見(福井県あわら市)

 幕末の福井藩士・橋本左内が人生の目標や規範を書き記し、明治二十二年(1889)に出版された『啓発録』の活字本が市内で発見された。 大きさは19×12.5cmで38頁、編集・発行は「鹿児島県士族 山本忠輔」とあり、島連太郎が当時勤めていた秀英舎が印刷し、丸善書店が販売したという。[福井新聞]...

続きを読む

福井城(福井県福井市)

 ハニー食市場北の庄跡で、江戸時代の福井城の百間堀の東側の石垣が発見された。 出土したのは約30mほどで、百間堀の全体像がより明確になったという。[福井新聞]...

続きを読む

福井城(福井県福井市)

 ハニー食市場北の庄跡で、江戸時代の福井城の百間堀の東側の石垣が発見された。 出土したのは約30mほどで、百間堀の全体像がより明確になったという。[福井新聞]...

続きを読む

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村