FC2ブログ

記事一覧

村島宮の首遺跡(愛媛県大洲市)

 弥生時代(約2000年)の集落跡・村島宮の首遺跡で、新たに発掘成果があった。 11月19日午後1時半から現地説明会があるという。[大洲市]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

村島宮の首遺跡(愛媛県大洲市)

 弥生時代(約2000年)の集落跡・村島宮の首遺跡で、新たに発掘成果があった。 11月19日午後1時半から現地説明会があるという。[大洲市]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

相島沖(福岡県新宮町)

 相島沖で平安時代の瓦が多数沈んでいる可能性があることがわかった。 同時代に瓦を積んだ木造船が沈んだ可能性があるという。[西日本新聞]...

続きを読む

相島沖(福岡県新宮町)

 相島沖で平安時代の瓦が多数沈んでいる可能性があることがわかった。 同時代に瓦を積んだ木造船が沈んだ可能性があるという。[西日本新聞]...

続きを読む

島内139号地下式横穴墓(宮崎県えびの市)

 島内139号地下式横穴墓で発見された大刀「銀装円頭大刀」に、6世紀前半のものとみられる日本最古の柄が使われていたことがわかった。 エイの皮を用いた構造で、11月1日からえびの市歴史民俗資料館で始まる企画展で一般公開されるという。[MRT宮崎放送]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

島内139号地下式横穴墓(宮崎県えびの市)

 島内139号地下式横穴墓で発見された大刀「銀装円頭大刀」に、6世紀前半のものとみられる日本最古の柄が使われていたことがわかった。 エイの皮を用いた構造で、11月1日からえびの市歴史民俗資料館で始まる企画展で一般公開されるという。[MRT宮崎放送]※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。...

続きを読む

八日市地方遺跡(石川県小松市)

 八日市地方(ようかいちじかた)遺跡で、弥生時代前期~中期における北の文化と西の文化の交わりを示す二種類の石斧(せきふ)が発見された。 これまで北海道や東北北部でしか見つかっていなかった「三面石斧」と、九州北部や朝鮮南部原産の石材を使った「層灰岩製片刃石斧」だという。[中日新聞]...

続きを読む

八日市地方遺跡(石川県小松市)

 八日市地方(ようかいちじかた)遺跡で、弥生時代前期~中期における北の文化と西の文化の交わりを示す二種類の石斧(せきふ)が発見された。 これまで北海道や東北北部でしか見つかっていなかった「三面石斧」と、九州北部や朝鮮南部原産の石材を使った「層灰岩製片刃石斧」だという。[中日新聞]...

続きを読む

佐藤市五郎の手記を発見(福岡県宗像市)

 明治三十八年(1905)五月二十七日の日本海海戦を沖ノ島から見ていた宗像大社沖津宮勤務・佐藤市五郎の手記が発見された。 彼の目撃談は「沖津宮日誌」に出ているが、手記ではこれまで記述がなかった望楼の通信員の様子などがつづられているという。[毎日新聞]...

続きを読む

佐藤市五郎の手記を発見(福岡県宗像市)

 明治三十八年(1905)五月二十七日の日本海海戦を沖ノ島から見ていた宗像大社沖津宮勤務・佐藤市五郎の手記が発見された。 彼の目撃談は「沖津宮日誌」に出ているが、手記ではこれまで記述がなかった望楼の通信員の様子などがつづられているという。[毎日新聞]...

続きを読む

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村